マスク着用時にメガネが曇ってしまう方に!曇らないようにする対策

メガネに直接できる対策

メガネを日常的に愛用する方にとって、メガネが曇ってしまうことは危険を伴います。そんな曇りを防止するために、曇り止め加工がされているメガネを利用するのも一つの方法です。曇り止め加工のメガネはレンズに特殊なコーティングがされており、一般的なメガネのレンズに比べて曇りづらくなっています。見た目も一般的なメガネと変わりませんが、価格が少し高めになっておりコーティングを長く保つために、きちんとメンテナンスすることが必要になります。
メガネが曇らないために直接メガネに施す対策として、曇り止めを塗布するという方法もあります。曇り止めクリームはお店等で販売しておりさまざまな種類があるので、使用しやすいものを選ぶと良いでしょう。使用する際は、説明書に従ってムラにならないようにきちんと汚れを落としてから使用するようにしましょう。

マスクを工夫する曇り防止の対策

花粉シーズンや冬の風対策としても欠かすことができないのがマスクです。ですが、マスクとメガネの相性はとても悪く、すぐにメガネが曇ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そんな場合は、自分の顔にマスクがきちんとフィットしているかを確認してみましょう。サイズが合わない場合は、どうしても隙間が空いてしまいメガネが曇る原因になってしまいます。マスクを選ぶ際は、大きすぎないものを選ぶと良いでしょう。また、マスクをきちんとフィットさせるために、マスクの鼻部分のワイヤーをしっかりと折り曲げてみるのも効果的です。 マスク着用での対策として、マスクの内側にティッシュを挟むという方法もあります。マスクの上部に折りたたんでティッシュを入れることで、湿った空気が漏れるのを防ぎ、メガネの曇りを防止することができます。

めがねは、視力の低下をカバーしたり、紫外線を防いだりする他、コーディネートのワンポイントとして加えるなど色々な使い方があります。