メガネをファッションの一部に!TPOに合わせて選ぼう

ビジネスシーンにはかっちりした印象のメガネ

メガネをかけて仕事をする場合、スーツやジャケットなどに合うかっちりとした印象のメガネを選ぶことが大切です。また、メガネだけが浮かないように、ブラックやシルバー、ブラウンといったベーシックな色を選ぶのがおすすめ。ホワイトやレッドといった色はオシャレですが、ビジネスシーンにはあまり適していません。

メガネの形も重要なポイントです。基本的には顔の形に合わせて、好印象に見えるデザインを選ぶと失敗しにくいです。どの形が似合うか分からなければ、店員さんに相談してみてください。また、なりたい印象によって形を変えるという選択肢もあります。クールな雰囲気や優しい感じなど、取引先やお客さんからどう見られたいかを重視しましょう。

プライベート用メガネは自由に選ぶ

プライベートで使用するメガネには自分の好みを反映させられて、ホワイトやレッドといった派手な色も自由に身につけられます。鞄や靴のように、その日のファッションに合わせて使い分けるのも楽しいでしょう。たとえば、モノトーンカラーのコーディネートにビビッドカラーのメガネをかけると、差し色として使えます。洋服を目立たせたいときは、あえて地味なメガネをかけるといった使い方も可能です。

プライベート用のメガネは、色だけでなく形も自由に選べるところがメリットです。たとえば、丸メガネをかけるとトレンド感のある雰囲気を演出できますし、大きなフレームを選べば小顔効果が期待できます。奇抜なファッションが好きなら、装飾のついたデザインに挑戦するのもおすすめです。

眼鏡のレンズが外れたり丁番が外れたりした場合には、店舗やメーカーなどで修理に対応することが出来ます。