メガネが壊れてしまった時に!お店で選べる対処方法

パーツなら取り替えてもらえる

メガネのどこの部分が壊れたかによって、お店で利用できる対処法が異なってきます。もしも、鼻当てやメガネのレンズをつっているプラスチックなど、取り替えがきくパーツが壊れてしまったときはお店に持っていけば交換してもらえます。メガネを購入した店舗に持っていけば、そのくらいならば無料でやってもらえる可能性もあります。縁もゆかりもない店舗に持っていくと、有料どころか断られてしまうケースもあるので気をつけましょう。なお、メガネのレンズも交換できるパーツの一種です。しかし、購入時の保証が切れているときは、フルプライスで交換するレンズの代金(フレームとセットで買ったときよりも高くなることも)を支払わなければいけません。

フレームが壊れた場合は買い換えよう

メガネのフレーム部分が壊れてしまった場合は、余程大切なものではない限り買い換えてしまった方がよいです。フレームの修理には手間も時間もかかってしまうので、下手をすると購入時以上の修理費用が発生してしまうかも知れません。また、全国展開しているようなチェーン店のメガネ屋では、フレーム修理には対応していないと考えましょう。設備もなければ職人もいないため希望通りの修理をしてはもらえないでしょう。もちろん、少しフレームがゆがんだ程度ならば、正常な状態に戻してもらえる可能性が高いです。ちなみに、購入時の保証があったとしても壊れたフレームは修理せずに交換での対応となります。もしも、同じフレームがない場合は、同価格帯の異なった製品への交換になります。